投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

PSoC5LP Prototyping Kitで作るUSBオーディオI/F(I2S出力対応)

イメージ
PSoC5にはCE95390 - USB Audio with PSoC 3/5LPというUSBオーディオの公式サンプルがありますが、32kHz 8ビット モノラルなんですよねー。ということで、これを96kHz 16ビット ステレオに拡張しつつ、内蔵の8bit DACだけでなく外部DACも利用できるように、I2S出力にも対応してます(*´▽`*)

 前置きはいいからとりあえず鳴らしてみたい!という方は、下記のダウンロード先に最小限の説明があるので、それを見て試してみてね(●´ω`●)

PSoC Creator用プロジェクトのダウンロードCY8CKIT-059(PSoC5LP) USB Audio with Internal DAC and I2S Dual Out
必要な部品 必須パーツPSoC5LP Prototyping Kit(CY8CKIT-059)コンデンサ:C1(100pF), C2(1uF)抵抗:R1(100kΩ) オプションパーツ(無くてもOKです)I2S DACボード
マスタークロックを自己生成できるのものが使えます。信号電圧が3.3Vならそのまま使えますが、5V駆動の場合はTopDesign.cysch内のI2Sコンポーネントの出力先を変更して、3.3V生成部分を使わずピン直接出力すればOKです。私は、PCM5102A搭載のちっこいボードを買いました(送料込み512円)。
Interface I2S PCM5102 DAC Decoder GY-PCM5102 I2S Player Module For Raspberry Pi16x2 LCD(LCD1602)
I2C接続で信号電圧が5Vのもの。よくあるArduino用のが使えます。繋いでおくと、Audio出力のON/OFF状態と現在の再生周波数が表示されます。アンプボード
アンプ内蔵スピーカーで鳴らす場合は不要ですが、私は持っていなかったので、お安いD級アンプボードを買いました(送料込み71円)。
new 1pcs PAM8403 mini 5V digital amplifier board with switch potentiometer can be USB poweredスピーカー
D級アンプって、ヘッドフォン端子のように左右のマイナス端子を共通にできないんですね(゜ロ゜)ということ…